> 少額融資ほど信頼できるサービスはない

少額融資ほど信頼できるサービスはない

キャッシングのような少額融資ほど信頼できるサービスは他にはありません。
キャッシング(少額融資)が他の融資と最も異なることは個人の消費者に対して少額融資
を実施している為利用者が多い。そしてそれに対し貸す側の母数も多いということでしょう。
大手の金融機関である銀行でさえ個人に対して直接少額の 融資キャッシングサービスを持っているくらいです。

銀行は企業への貸付も行っている

資金力が莫大な銀行グループは大手の企業に多額のお金を貸すことができます。
金融機関はものを売る商売をしているわけではありませんので、
利益となる収入源に関しては極めて限定的に対処しなくてはいけません。
その収入源の一つとなるのが、利息なのです。

金融機関は元金に対して金利を設定しそこから発生する利息によって大きな利益を得ることが出来ます。 だからこそ、元金が大きくなればなるほど金融機関の収入源も増えるのです。

ところが、キャッシングを提供している消費者金融というのは
このような方法でサービスを提供していません。

なぜかと言うと、キャッシングは消費者に対して直接現金を貸し出す行為に等しいので、
法律上大きな元金を貸し出す事を許容していないわけです。

消費者は法的に保護されている

キャッシングは国内で唯一個人の消費者に対して
少額融資をすることが認められているサービスですので、
法律上もこのサービスに関しては厳格な規制を強いています。
つまり、安全性と信頼性が非常にたかくなっているわけです。

キャッシングが安全なのは法律的にも消費者を保護してくれる規制や制限が多いから。
正確に言えば昔よりも安全になったという点があります。


冒頭の銀行もそうですが、それだけ多くの業者がキャッシングというカテゴリでしのぎを
削っているわけですから、金融商品としては信頼度が高いサービスといえるのではないでしょうか。

但し、母数が多いので底辺のサービスは信頼できないものもたくさんあります。
ですからTVCMを行っている消費者金融や大手銀行のキャッシングであれば
信頼して良いものと言えるかと思います。